top of page
takako profile photo.jpg 3.jpg

Takako Yumiba

Takako Yumiba is a Japanese violinist. She started playing the piano when she was 3 years old and after 6 months, she tried in playing the violin.

She felt the music and her heart belongs to the violin immensely. The sound of violin serves as her inspiration. So, she decided to proceed her dreams in music violin industry. Takako exerts a lot of determinations pursuing her career as musician.

 

She graduated from the Tokyo University of the Arts. During her studies in Tokyo, she also learned baroque violin, chamber music, composition and improvisation. Then, she studied her master at the Hochschule für Musik, Theater und Medien Hannover with Professor Elisabeth Kufferath. Takako received top marks for her master's degree. She recently finished her Konzertexamen Degree at the Hochschule für Musik Detmold with Professor Maria-Elisabeth Lott, where she also graduated with honors. She has also studied her master at the Tokyo University of the Arts with Professor Natsumi Tamai.

 

She was a scholar student of DAAD (Der Deutsche Akademische Austauschdienst) from August 2018 to March 2022. She also got a scholarship of Yehudi Menuhin Live Music Now e. V. Hannover as a Violin Duo.

 

She has recently performed as a soloist with orchestras such as Nordwestdeutsche Philharmonie (Germany), Philharmonisches Orchester Hagen (Germany), and the Karol Szymanowski Academic Symphony Orchestra (Poland), and Marburger Philharmonie (Germany). She also had many recitals and concerts at music festivals including the Orpheus Festival (Austria), the Oberstdorf Music Summer Festival (Germany), and the Goslar Music Festival (Germany). 

Particularly noteworthy is the Christmas Concert in Johannis Church (Hagen, Germany) with Philharmonisches Orchester Hagen in 2021. Her performance of “Thais” Méditation by Massenet and Valse-Scherzo by Tchaikovsky were well received.

 

She has received numerous awards in international competitions such as the Weinberg International Competition (Poland), the International Violin Competition Hammelburg (Germany), and the International Music Competition of Spain (Japan). She was selected as one of the participants of the 16th International Henryk Wieniawski Violin Competition. 

 

​***

​弓場 多香子(ゆみば たかこ)

大分県別府市生まれ。幼少期を大阪で過ごし、小学生の頃に東京に移る。 3歳よりヴァイオリンとピアノを始め、6歳で初めて受けた「こどものためのヴァイオリンコンクール」で金賞受賞。中学生までピアノとヴァイオリンを続け、桐朋女子高等学校音楽科入学を機にヴァイオリンを専攻することを決める。その後東京藝術大学を経て、東京藝術大学大学院在学中にDAAD (ドイツ学術交流協会) 奨学生としてドイツへ留学し、研鑽を積む。ハノーファー音楽大学大学院を最優秀の成績で卒業し、デトモルト音楽大学で国家演奏家資格(コンチェルト エグザーメン) 課程を満場一致の満点で卒業、併せて優秀賞を授与される。これまでにヴァイオリンを玉井菜採、Maria-Elisabeth Lott 、Elisabeth Kufferathの各氏に、室内楽を市坪俊彦、梅村祐子、Oliver Wille の各氏に師事。

ソリストとしては、Philharmonisches Orchester Hagen (ドイツ)、Karol Szymanowski Academic Symphony Orchestra (ポーランド)、Marburger Philharmonie (ドイツ) 等のオーケストラと共演を果たしている。2021年にドイツのJohannis教会で行われたクリスマスコンサートではマスネ「タイスの瞑想曲」やチャイコフスキー「ワルツスケルツォ」をソリストとしてオーケストラと共演し、好評を博す。
また、オルフェウス音楽祭 (オーストリア)、ゴスラー音楽祭、オーバスドルフ音楽祭 (ドイツ) やリサイタル等、国内外で多数の演奏会に出演。

国際コンクールでは、ハンメルブルク・ヴァイオリン国際コンクール (ドイツ)、EUROASIA国際コンクール、スペイン国際音楽コンクール等で第2位受賞他、ヴァインベルク国際コンクール (ポーランド) でファイナリストとなり優秀賞 (ディプロマ) を授与される等、国内外で上位入賞多数。2022年には世界最難関の一つであるヴィエニャフスキー国際コンクール (ポーランド) にも出場した。

室内楽奏者としては、弦楽四重奏等多くのコンサートに出演。また、姉妹デュオではYEHUDI MENUHIN Live Music Now Hannover e. V.の奨学生として、ドイツハノーファーを中心に演奏活動を行った。2023年より東京春音楽祭や、アンサンブルofトウキョウ等のオーケストラの公演にも参加している。

近年は演奏活動の傍ら、後進の指導にも取り組んでいる。

IMG_0278.JPG
bottom of page